つわりって種類によって症状や原因がちがうの?

つわり,種類,症状,原因 妊娠中の妊婦さんの体は、
とってもデリケートです。

そのため、いろいろな症状に
悩まされることがあります。

中でも、つわりに悩んでいる妊婦さんは、
かなり多いようです。

このつわりですが、
個人差があるとよく言われていますよね?

でも、「日によって症状が違うということもある」ってことは、
あまり知られていないかもしれません。

実は、いろいろな種類があるつわりには、
それぞれ症状や原因が違うと考えられています。




スポンサーリンク

つわりの種類によって異なる症状や原因とは

では、つわりの種類別に症状や原因について解説していきます。

●吐きつわりの症状
吐きつわりの症状は、人さまざまです。

「吐き気はあ っても実際に吐くことはない」というケースから、
「食べるたびに吐いてしまう」というケースもあります。

さらに、「一日中吐き気に悩まされる」人もいれば、
「日によって吐き気が起きる」人もいます。

●食べつわりの症状
食べつわりの症状の特徴は、「空腹になると吐き気が強くなる」ということです。

この食べつわりの厄介なところは、
「おなかはいっぱいなのに、食べ続けていないと吐き気がする」
「満腹になっても気持ち悪くなる」
「吐きつわりだったのに、急に食べつわりに変わる」など、
人によってさまざまだという点です。

ただし、空腹時の吐き気がつらくて食べ続けていると、
体重の急激な増加につながってしまうこともあるため、
「食べる量にも注意しなければならないところがつらい」と感じる人も多いようです。

●においつわりの症状
においつわりの症状の特徴は、「妊娠をきっかけに○○のにおいが苦手になった」
という点にあります。

気になるにおいの種類は、人によってさまざまなのですが、
においつわりを経験した人に共通しているのが、
「とにかくにおいに敏感になった」ということです。

においつわりも、軽症の場合はマスクをするなどでも十分に対処できるのですが、
重症になると、においをかいだだけで吐いてしまったり、食欲不振となるなど、
普段の生活にも大きな影響を及ぼすケースもあります。

■においつわり経験者が体験した、つわりの原因になるにおい ・タバコのにおい
・排水溝のにおい
・歯磨き粉のにおい
・ご飯の湯気
・香水
・ご主人のにおい
・魚や肉のにおい
・エアコンのにおい など

つわり,種類,症状,原因
●ゲップつわりの症状
ゲップつわりの主な症状は、「ゲップがよく出る」「出そうなのになかなかでない」
「のどの奥に何かが詰まっているような感覚が続く」などがあります。

ゲップつわりの場合は、食べつわりと同時に起こることもよくあります。

これは、食べつわりの症状を抑えるために食事の回数が増えることで、
食事とともに空気も飲み込んでしまい、げっぷが出やすい状況になってしまうのが
原因だと考えられています。

●唾液過多症の症状
唾液過多症は、よだれつわりということもあります。

よだれが以上に出てしまうというのがこのつわりの特徴なのですが、
症状が重症の場合は、脱水症状を引き起こしてしまうこともありますので、
放置するのは危険です。

また、常に唾液が分泌し続けることもあるため、
口の中の不快感に悩まされる人もいます。

■こんな症状も妊娠のつわりの可能性があります 妊娠中のつわりの症状には、次のようなものも含まれると考えられています。

●情緒不安定になる
妊娠がわかった直後は、誰もが不安を感じるものです。

でも、「たいしたことではないのに我慢ができなくなる」「いらいらする」
「突然不安な気持ちになって感情的にある」「急に気分が落ち込む」
などの症状が長く続くようであれば、それは、つわりの症状である可能性があります。

●体のあちこちが痛い
体のさまざまな部分に、痛みを感じるという妊婦さんもいます。

中でも多いのは「頭痛」なのですが、ほかにも、
「歯痛」「腰痛」「関節痛」「胃痛」などの症状に悩まされる妊婦さんもいます。

●肩こりがひどい
肩こりは、血行不良によって起こるものです。

さまざまなつわりの症状に悩まされる妊娠初期は、
どうしても運動不足になってしまいがちです。

そのため、つらい症状を我慢するために猫背の状態が続いてしまったり、
横になった状態で一日過ごしていると、血行が悪くなってしまい、
結果として肩こりを引き起こしてしまいます。



スポンサーリンク



つわりがおきる原因は?

症状の違いはありますが、妊娠初期の妊婦さんであれば、
ほとんどの人が体験するのが「つわり」です。

妊娠がわかり、精神的にとってもハッピーなはずのこの時期に、
さまざまな症状で妊婦を苦しめるつわり。

このつわりは、いったいなぜ起きるのでしょうか?

●つわりの原因ははっきりしていません

さまざまなことが考えられるようなのですが、
医学的には、つわりが起きる原因が解明されていないのが現状です。

ただし、つわりに関係していると思われることはあります。

■拒否反応が原因
赤ちゃんの存在を、体が異物と判断してしまい、
「危険を排除する働きがおきることが原因」という考え方があります。

■ホルモンバランスの乱れが原因
妊娠にかかわらず、女性の体は、女性ホルモンのバランスが乱れることによって、
さまざまな症状が起こります。

ホルモンバランスは、さまざまなことが原因で簡単に乱れてしまいます。

特に妊娠中は、子宮から分泌されるホルモンや、
黄体ホルモンの分泌が急激に増加するため、
これらが原因でホルモンバランスが乱れてしまいます。

これも、つわりの原因として考えられています。

■妊娠による精神的なストレスが原因
妊娠がわかった直後は、うれしさも強く感じるでしょうが、
それと同じくらい、不安を感じる人が多いものです。

特に、初めての妊娠となると、すべてのことが初体験になります。

体の不調だけでなく、赤ちゃんの健康状態や仕事、
これからの生活についてなど、すべてにおいて不安や心配がついてまわります。

こうしたさまざまな精神的なストレスが、
つわりを引き起こす原因になっているとも言われています。


まとめ

つわりの症状の多くは、妊娠初期に集中しますが、
人によっては、妊娠後期までつわりの症状が続いてしまうこともあります。

つわりは病気ではありませんが、普段とは違う状態が続くのは、
精神的にもとても負担がかかるものです。

ですから、つらいときは、無理して一人で抱え込まず、
だんなさんや周りの人に相談しながら、上手に乗り切ってくださいね。


スポンサーリンク

コメントを残す

*