夏風邪ってどんな症状?子供が高熱を出したらどうする?治し方は?

夏風邪,症状,子供,高熱,治し方 風邪は寒くなってきて免疫力が弱まる
冬に多いですが、夏にも風邪は引きます。

夏風邪はどのような症状が出るのでしょうか?

高熱が出た場合はどうすればいいのでしょうか?

特に子供が高熱を出した場合は心配ですよね。

夏風邪の治し方にはどのような方法があるのでしょうか?

ここでは、それらの悩みに一つ一つ答えていきます!






スポンサーリンク

夏風邪の症状、高熱が出るのは基本的に2種類!

夏風邪で高熱が出る場合があります。

ただでさえ暑い季節で体力が奪われているのに、
高熱も出てしまったらとても辛いですよね。

高熱が出る夏風邪には2種類あります。

1つは「ヘルパンギーナ」と呼ばれるもの。

急に38~40度位の熱が出て、その後2日から3日程度続きます。

また、のどに小さな水泡ができてとてものどが痛くなるのが特徴です。

もう1つは咽頭結膜熱(プール熱)と呼ばれるもの。

この夏風邪はプールの水を介して感染することが多いことからつけられた名前です。

こちらも39度前後の高熱が出て、のどの痛みや結膜炎などを引き起こします。


夏風邪で子供が高熱を出すことが多い

夏風邪は子供の感染率が圧倒的に高いです。

子供は大人と比べて免疫力が弱いため、感染する確率がとても高くなります。

また、子供は学校でプールの授業がありますから、大人と比べて感染率が高いのです。

プールでは多数の子供が入り混じり、そこでタオルなどで友達と遊んでしまうと、
そこから感染することもあります。

子供の方が感染してしまう可能性は高いですが、大人も感染しないわけではありません。

夏にも気を抜かずに、手洗いやうがい、シャワーをきちんと浴びるなどを徹底しましょう。



スポンサーリンク



夏風邪の治し方は?

もしも夏風邪に感染してしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?
2種類の夏風邪をご紹介しましたが、これはどちらもウイルスのため、
薬もなく抗生物質も効き目がありません。

ですから、免疫力をつけることが治療の一番の近道だと考えられます。

免疫力をつけるには、しっかりと睡眠をとることと、
栄養バランスの良い食事を摂ることです。

のどの痛みがひどい時には、固形の物ではなく、
やわらかく栄養のあるものを摂取することで様子をみましょう。

そして自分で判断せずに病院へ行ってお医者さんに診てもらい、
アドバイスを受けることをおすすめします。

高熱が出ると脱水症状に陥ってしまうこともあるので、
水で少し薄めたスポーツドリンクなどをこまめに飲むとよいでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは、夏風邪の症状や、子供が夏風邪にかかって
高熱を出してしまうことが多いこと、またその治し方についてみてきました。

夏風邪はやっかいで、なかなか回復しないこともしばしばです。

夏風邪が長引いているという話もよく聞かれます。

しかし、しっかりと睡眠をとり、栄養バランスの良い食事を摂ることで、
体力を回復し、快方へと向かわせることができます。

水分補給も忘れずに、元気に夏を乗り切りましょう!



スポンサーリンク

コメントを残す

*